• Welcome to the community!

    Welcome to the community!
  • Welcome to the community!

Blog

美容整形を考える広場のオフ会や交流会開催

美容整形を考える広場の交流会開催

美容整形を失敗した人やレーシックを失敗した人で集まり交流会を開催しています。 もしも、後遺症で悩んでいる方は参加してください。 現在、参加人数は8人です。 当日に医療相談や対策法、福祉の相談も出来ます。悩んでいる方はご参加ください。 開催日時:8月11日18時 大阪梅田 場所:だまれトリ 梅田本店 費用2000円程度 沢山の悩みを抱えた方がいるので励まし合って生きています。 ご参加される場合はお問い合わせよりご連絡ください。 »

希望を持って生きることの大切さ

後遺症で働けない場合の生活保護について

美容整形や各種手術を受けて失敗や後遺症を抱えたまま、その後働けずに苦しんでいる人が大勢います。 生活に困窮して日常生活が送れないのであれば、生活保護の福祉を申請することも検討してください。まずは、体や心を治療することが先決です。 昨今、生活保護に対する偏見や行政の壁から受ける必要がある人に支援が届かないケースもあります。しかしながら、美容整形に失敗した人は心身共に追い詰められており、命や生活を失う状況になっていることも良くあります。 憲法には「健康で文化的な最低限度の生活を保障する」と明記されている通り必要な人が受給して、また働けるまで回復すれば納税すれば良いのです。 生活保護は親と同居していては同一世帯で支援があると見なされて申請することはできません。そのため、自分名義の賃貸を借りている必要があります。極端な話、ネットカフェやカプセルホテルであっても申請は可能です。しかしながら、大都市で... »

美容整形失敗相談

チャット悩み相談会

美容整形被害者の会ではDISCORDを使ってチャットやボイスによる悩み相談会を行っています。 美容整形の後遺症で苦しむ人にとって、多くの人の相談の場になればと考えています。 無料で使えて、同じ悩みを持つ人たちと相談が可能です。 機会がありましたら、是非ご参加ください。 URL:DISCORD »

美容整形の失敗

美容整形の失敗や被害者体験談

美容整形を受けて、失敗されたAさんの体験談を掲載します。この方は、安易ながらもクリニックに行き、その日の内に手術を受けてしまったことを後悔されています。 美容外科では患者の気持ちが変わらない内に、手術に踏み切るケースが良くあります。カウンセリングを受けた後、後日考えたのであれば冷静な判断ができたかも知れません。 美容整形は二度と戻れない手術が多岐に渡ります。成功すれば良いですが、失敗すれば一生後悔して生きろことにも繋がりかねません。今一度、良く考えてください。 美容整形の失敗体験談 美容整形手術に失敗して、大変な顔に変化しました。 心から悩み果てていますので、アドバイスを宜しくお願いします。 手術前は、私自身見た目は可愛い系で特に問題はありませんでした。むしろ、愛らしくて満足のいく顔だったのです。 でも、性格的に明るくなく内向的ななまま、青春時代を過ぎてしまい、交際等もできないままでした。... »

美容整形被害者の会について

美容整形被害者の会とは

美容整形被害者の会では美容整形の後遺症で悩む方に情報配信や相談を行っています。 近年の美容整形は一般的な手術の他にもレーザーやフィラーの注入など多岐に増えています。大部分の方は満足する結果になり、治療を成功させているのも事実です。 しかし、一部の人は失敗して後遺症に苦しむ方もいます。そのような人の力になれればと考えています。 »

FGFの危険性や失敗体験談

FGF注入の危険性や後遺症、失敗体験談

FGFには強力な細胞の成長因子が含まれており、皮下内に注入するとコラーゲンやエラスチンを増殖させます。 一見すると若返り効果のある治療法ですが、細胞増殖に関してはコントロールが難しく、予想以上に膨らみや凸凹なるケースが相次いでいます。 安易な気持ちでシワやたるみ、目のクマなどに注入すると大変なことになります。 美容外科ではFGFの危険性が指摘されるようになり、施術を行うクリニックは減少しています。しかしながら、FGFの危険性を認識しながらも、需要に合わせて行われているのが現状です。 FGF注射により、丁度良い細胞増殖になれば良いですが、どれ程熟練した技術を持ってしても、数十%の失敗や後遺症は免れません。 そもそも、皮下内に異物を注入したのであれば、細胞との境界線は容易に見分けが付きます。しかし、FGFは自身の細胞そのものを強力に増やすため、除去することは困難です。 現在、FGFにより多数の... »

レーシックと脳の関係

レーシックと脳の関係

レーシックと脳の関係 世界的な眼科の権威であるJack T.Holladay医師は自身の著書で、「手術により、本来のその人の見え方を変えてしまうと、それまでその人が長年に渡って作り上げてきた見え方に対する脳の調整機能が上手く働かなくなってしまうことがある。新たな見え方を作り出すことは、予想外の結果を視機能にもたらす可能性があり、慎重にしなければならない。」と説明している。 また、実際の医療においての体験として、「レーシックにより、近視の患者の眼を、検査数値上はパーフェクトだといえる手術をした。もの凄く喜んで頂けると思っていた。しかし、当の本人は目の不具合や違和感を訴えたのだ。何かの間違いではないかと思い、様々な検査をしたが、どこにも異常は見当たらない。おかしいと感じたが、何故か原因がわからないのだ。 この経験から私は、視力は脳が密接に関係しているので、時に数字では理解できないようなことが起... »

レーシックの後遺症

近視矯正手術の後遺症

レーシックの失敗による後遺症 レーシックを受けて→仕事退職→生活保護 正直、40歳以上生きてきて、まさか自分が生活保護になるなんて想像できません。 生活保護自体が国民の血税であり、受ける人はよっぽどだと思っていたからです。 しかし、目がダメだとどうすることも出来ません。 痛みと様々な不快症状、見え方も非常にクリアではなく曇ったレンズのようで良いものではありません。 最初はお金が尽きたときにどうやって生きていこうか悩みました。 働いていたときは、これからも頑張れば生活できると、まさか今の状態になると思っていませんでしたから。 せめてもの救いは、この年になって、嫁や子供が居なかったことです。 もしいたらと思うと、とても養っていける状態ではないので考えただけで怖いです。 生活保護自体は、本当に受けるのに苦労しました。 役所に行ったときは、「レーシックって何?」 とういった感じで、取りあえず話は聞... »

レーシックにおける再手術の危険性

レーシックにおける再手術の危険性

レーシックでは再手術が必要な場合が数%存在します。その殆どが術後の再近視化による視力低下、もしくは過度の矯正による過矯正などです。 一般的には再近視化により裸眼視力が0.6を切り、生活に支障がでる場合は再手術を検討します。なるべく再手術にはリスクもあり眼鏡等で矯正することが推奨されます。 一方過矯正による遠視では、視力が+1Dを超える場合に再手術が必要になります。それ以下であれば数ヶ月から数年程で視力が僅かに下がり安定した視力になるようです。 また、レーシック後の再手術は慎重に検討しなければなりません。再度フラップを持ち上げる際はフラップ損傷や皺が発生しやすくなります。1度目の手術ではフラップは強度に接着されており滑らかな状態を保っています。しかし、再度フラップを持ち上げることは様々なリスクが存在するため慎重に検討しなければなりません。 では、再手術をする場合はどの選択肢が最良であるか?答... »

視力低下で再手術

視力低下で再手術

レーシックの再手術は上手くいったものの、どうしても納得が出来なくて・・。 何せ、瞬きする度に何か引っかかるような違和感がつきまとうから。 気にはしないようにはしているんですが、特に疲れがたまったときは、違和感を感じます。 別の眼科に行ったときに、聞いてみたんですが、その医者の人が言うには、レーシックの再手術をした右目のフラップに波がたつようなしわが出来ていますねって・・。 凄くショックでした。ようするにこれが瞬きの邪魔をして違和感が出てたんだなと。 すぐに受けたクリニックに診察に行きましたが、特に何ともないと言われてしまい。 けど、今回は別の眼科でフラップのことを言われたと言いました。 そしたら、医者の人も確かにフラップにシワが出来ていますと認めました。 けど、もうシワは時間がたちすぎて、元には戻すことは出来ないと言われしまいました。 ショックでしたが、どうすることも出来ず・・・。 違和感... »